松井玲奈が喫茶店の店主に、酒井麻衣新作「はらはらなのか。」出演
http://natalie.mu/eiga/news/207034
「いいにおいのする映画」の酒井麻衣が監督を務める「はらはらなのか。」に松井玲奈の出演が決定した。

本作は原菜乃華演じる女優志望の少女・ナノカが、亡き母の面影を追いながら人々との出会いを経て成長していくファンタジー。松井が演じるのは、ナノカが不思議な運命に導かれて迷い込んだ喫茶店の店主リナ。物語の重要なキーパーソンとなるキャラクターだ。

松井は「監督は自分と同じ25歳で、奮闘する姿にも刺激をもらいました」とコメント。酒井は「撮影前、脚本について話し合い、撮影中も熱心に質問やアイディアをくださる松井さんの姿。映画を一緒に作っているという意識が高く、撮影中、時間の都合上、言葉を交わせなくても途中からアイコンタクトで、通じあえているような気がしました。その強い眼差しを思い出すだけでゾクゾクします」と述べた。

吉田凜音、粟島瑞丸、チャラン・ポ・ランタン、micci the mistake、上野優華らも出演する「はらはらなのか。」は、2017年4月1日より東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。
no title

no title

no title

no title


松井玲奈「はらはらなのか。」で喫茶店店主に!
http://eiga.com/news/20161028/2/

[映画.com ニュース] 元「SKE48」の松井玲奈が、酒井麻衣監督の商業映画デビュー作「はらはらなのか。」に出演していることが明らかになった。松井の姿をとらえた場面写真や、主要キャストが結集したティザービジュアルが初披露。また、同作の公開日が2017年4月1日に決定した。

ファッション雑誌「キラピチ」の専属モデルやテレビ番組「おはスタ」の「おはガール」としても活躍する13歳の注目女優・原菜乃華が、本人役で映画初主演を果たしたファンタジックな作品。原本人を題材に、子役上がりの少女・ナノカ(原)が、女優として活躍していた亡き母が生前に出演していた舞台のオーディションに挑むさまを描く。

松井が演じるのは、ナノカが不思議な運命に導かれて迷い込んだ喫茶店の若き店主・リナ。物語のキーパーソンとなる重要な役どころのため「今回、あたたかくてちょっぴり不思議なこの物語に参加することが出来てとても嬉しいです。私の演じた役は、なのかを見守る存在で、それが姉のようでもあり母親のようでもあって。なのかを見守れる関係性が作れたらいいなと思ってやっていました」と撮影を振り返る。そのうえで、「監督は自分と同じ25歳で、奮闘する姿にも刺激をもらいました。皆さんに見ていただくのが楽しみです」と達成感をにじませた。

一方、酒井監督は「撮影前、脚本について話し合い、撮影中も熱心に質問やアイディアをくださる松井さんの姿。映画を一緒に作っているという意識が高く、撮影中、時間の都合上、言葉を交わせなくても途中からはアイコンタクトで、通じあえているような気がしました。その強い眼差しを思い出すだけでゾクゾクします」と松井の女優としての姿勢を称賛。そして「玲奈さんの優しく主人公を見守る姿、そしてめちゃんこ可愛く素敵な喫茶店の制服姿を来年4月に皆さんにお届けするのが待ち遠しいです」とアピールした。

「はらはらなのか。」は、17年4月1日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。

松井玲奈、“めちゃんこ可愛い”メイド風姿披露 SKE48卒業後初映画
http://mdpr.jp/cinema/detail/1628225
女優の松井玲奈が、13歳の新星女優・原菜乃華主演の映画「はらはらなのか。」(2017年4月1日公開)に出演することが28日、分かった。松井は、SKE48卒業後初の映画出演となる。

映画は、主人公のナノカ(原)が女優を夢見て奮闘するファンタジー。松井が演じるのは、ナノカが迷い込んだ喫茶店を切り盛りしている若き店主・リナで、劇中ではメイド風の衣装を着て登場する。

リナは、物語の重要なキーパーソンとなるといい、松井は役柄について「ナノカを見守る存在で、それが姉のようでもあり母親のようでもあって。ナノカを見守れる関係性が作れたらいいなと思ってやっていました」と解説。

また、同作の酒井麻衣監督は松井と同じ25歳で、酒井監督との撮影について「奮闘する姿にも刺激をもらいました」と松井。酒井監督は「言葉を交わせなくても途中からはアイコンタクトで、通じあえているような気がしました。その強い眼差しを思い出すだけでゾクゾクします」と、松井の印象を語った。

酒井麻衣監督コメント
私が脚本に悩んでいる時に松井さんとチャラン・ポ・ランタンさんの「シャボン」という曲を聞いて、『もし、主人公のナノカが出逢うのが、松井玲奈さんだったらどうなるのだろう?』と想像し、今の物語の形ができました。撮影前、脚本について話し合い、撮影中も熱心に質問やアイディアをくださる松井さんの姿。

映画を一緒に作っているという意識が高く、撮影中、時間の都合上、言葉を交わせなくても途中からはアイコンタクトで、通じあえているような気がしました。その強い眼差しを思い出すだけでゾクゾクします。玲奈さんの優しく主人公を見守る姿、そしてめちゃんこ可愛く素敵な喫茶店の制服姿を来年4月に皆さんにお届けするのが待ち遠しいです。

映画「はらはらなのか。」STORY
これは一人の少女が女優となる物語。。ナノカは女優を目指す女の子。子役上がりで奮闘中である。周りの子より美少女で芸歴も長いはずなのに、中々全然オーディションに通らない日々。

「一人前の女優さんになりたい。そのためにはどうしたらいい?」そんな事を思いながら、今は亡き母親が出演していた舞台の記録映像をみるナノカ。ある日、その舞台の再演の話がナノカの耳に飛び込んでくる!

その主役!絶対私がやりたい!とオーディションに挑むが…。偶然出会った喫茶店の店主のお姉さん、劇団員と演出家。ナノカを見守る父親。ロックンロール生徒会長。現実なのか?物語なのか?虚実ないまぜ、ワンダーランドの扉が今開く。


出演:原菜乃華、吉田凛音、粟島瑞丸、チャラン・ポ・ランタン、micci the mistake、上野優華、広瀬斗史輝、水橋研二、松本まりか、川瀬陽太/松井玲奈
監督・脚本:酒井麻衣
音楽・劇中歌・主題歌:チャラン・ポ・ランタン
公開情報:2017年4月1日(土)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
no title

no title

no title